So-net無料ブログ作成

本日もマリリンモンローです!

こんにちは、株式会社リトルグローブです!


今日もマリリンモンローの映画紹介といきたいと思います[ぴかぴか(新しい)]


今日のモンロー映画はこちら。

荒馬と女

あらうま.jpg

劇作家A・ミラーが短編として発表した作品を、作者自身が脚色。
当時の妻M・モンローのため、新しくロザリン役を加えて書き改められた作品。
なお、この作品の撮影終了直後にゲーブルが、少しあとにモンローがこの世を去り、ハリウッドを代表した2大スターの奇しくも遺作となった。


あらすじ
アメリカ西部の小さな町。暴力夫から逃れたロズリンは晴れて離婚し、親友イザベルとバーで祝杯を上げた。そこにゲイという昔気質の中年カウボーイが現れる。今まで出会ったことのないタイプの男で、ロズリンは新しいロマンスの予感に心ときめかせる。後日、彼に誘われてロズリンはイザベルと共に、彼の友人グイードの家にピクニックに出かけた。羽目を外して酒に酔ったロズリンは、その夜ゲイの腕の中で眠った。そのまま二人は同棲生活を始める。大自然と格闘しながら生きるゲイの逞しさに、ロズリンのハートは益々惹かれていった。そんなある日、馬狩りの仕事があるというので、ゲイはグイードと遠出することになる。ロズリンとイザベルもそれに同行することになり‥。



マリリン・モンロー(ロズリン)が超が付くほどに可愛い!
毎回言っている気もしますが・・・(笑)
M・モンローは、このモノクロ画面でとても輝いていました。
マリリン・モンローは当時既に34才。でも本当に魅力的で美しいですね。

モンローの旦那様であったこの作品の脚本アーサー・ミラーと監督のジョン・ヒューストンは、モンローの美貌だけでなく、ゲイの生き様をパース、ギド(イーライ・ウォラック)を通じて男の意地を格好良く映しています。
ちょっとしたシーンのあそこにも、ここにもいい言葉、表情、カメラワーク、効果音、テーマ曲、面白いエピソードが散りばめられて、見る者を退屈させない。すごい個性と力量に唸るばかりです。



ゲーブル、モンロー、クリフト、一世を風靡したスターのたそがれ感が忘れられない映画です。
アメリカ西部の香りが漂ってくるよう。
男と女の感受性の違いはどこまで行っても合流することはなく、だからこそ愛し合える存在なのか…。
なんて、株式会社リトルグローブは思っちゃったりしました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。