So-net無料ブログ作成

マリリンモンローの魅力にどっぷり!

こんにちは、株式会社リトルグローブです!

今回ご紹介する映画は、株式会社リトルグローブが初めてマリリンモンローに出会った作品。

『お熱いのがお好き』20071005_004.jpg


禁酒法時代の1929年シカゴ。ギャングの抗争に巻き込まれた二人のバンドマン(トニー・カーティスとジャック・レモン)は、追っ手をかわすため女性ばかりの楽団に紛れ込み、マイアミへ逃れるが...

女装した二人の男と、楽団で知り合った歌手のシュガー(マリリン・モンロー)。三人を取り巻く、恋あり、お色気あり、ギャグあり、楽しさ満載のハラハラドタバタスラップスティック・コメディ!


M.モンローってそれまで株式会社リトルグローブの中では、ただセクシーな金髪女優というイメージしかなかったんですが...
この映画を観て、その印象が(いい意味で)崩れ去ったことを覚えています。

もちろんセクシーでした(照)。
でもそれ以上に、チャーミングで可愛らしい魅力たっぷりの女性だったんですね。

マリリン・モンローが伝説の女優である所以は、謎の死を遂げた、ということが大きいと思います。
しかしそれ以前に、セクシーな お色気さと無垢な可愛らしさが同居する、稀代の存在であったこと。コメディから、後年は美しさと輝きを増した名演技もこなす、あらゆる魅力と実力を持ち備えた女優であったこと。これが、未だに時代を超えて愛されている、大きな理由だと思います。

もんろ.jpg


マリリンの魅力ばかり語ってしまいましたが^^;
男性陣も可笑しくて存在感たっぷりです。映画作品としても実に素晴らしいです。

ただ、一回観ただけじゃ、その真の面白さを体感することはできないかもしれません。

一回目は、T.カーティスとJ.レモンの女装の不気味さ(笑)と、M.モンローの魅力にメロメロになります。

二回目で、映画としての面白さを味わえます。脚本・演出の見事さを実感できます。

そして三回目になると、ビリー・ワイルダー監督ならではの至高の職人芸ともいえる映画芸術の世界に、震えるような感動を覚えるでしょう。

あくまで株式会社リトルグローブの場合ですけどね。
感性と理解力が乏しいので、三回くらい観ないとわからないんです^^;

とにかく楽しい素敵なこの映画、是非ご覧下さい!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。