So-net無料ブログ作成

緑の館

こんにちは!リトルグローブです。

今日もオードリー出演映画をご紹介したいと思います[ひらめき]


緑の館
緑.jpg

1959年 メル・フェラー 監督

あらすじ
革命運動のためベネズエラを追われ密林深く逃げ込んだ青年アベル(パーキンス)は、現地の種族から、森に住む妖精(オードリー)を殺して欲しいと頼まれる。
森の中へその妖精を探しに行ったアベルは、祖父とふたり暮らしをしていた妖精リマ(オードリー)を見つけ、一緒に暮らすようになり・・・


監督のメル・フェラーはオードリーの最初の結婚相手だそうです。
(その後、別れてしまったそうですが)
新婚当初に撮った作品だとか。

いやあ、オードリーはやっぱり美しい! 
彼女の映画を見た後は、歩き方が自然とおしとやかになりますね~。
つま先から着地!です。いわゆるバレーの歩き方でしょうか。

まるで童話を1冊読み終えたような気持ちになります。
グリム童話のようなおとぎ話。
オードリーは眠れる森の美女、アンソニー・パーキンスは白馬の乗った王子様ってところでしょうか。
なんてったって、オードリーは森の妖精ですよ~はまり役ですよね。
森の中をひらひら駆け回る様が本当に妖精のようで、疑うことを知らない純粋無垢な少女ってこんな人なんだろうかな、と。
オー鳥0.jpg

美人とか清楚とかそういうレベルでなくてどこか人外の透明感をもった妖精
あ~…これはこの人じゃなきゃ無理だ、と。

映画に現実味がないとか、オードリーを美しくみせるためだけに撮ったような映画だとか、
いろいろ言われてるようですが、いいんです。そんなの! リトルグローブは好きです。

全てがきれいで、まるでミュージカルの舞台を見ているよう。
妖精のオードリーを拝みたい方は、是非観て下さい!!


Twitterまとめ投稿 2011/08/31 [映画]


尼僧物語

こんにちは!リトルグローブです。

今日もオードリー出演映画をご紹介したいと思います[ぴかぴか(新しい)]


尼僧物語

おーどりー.jpg

1959年 フレッド・ジンネマン監督

ヘプバーンが尼僧を演じる、F・ジンネマンによるヒューマン・ドラマ。

あらすじ
ベルギーの尼僧ガブリエラは、コンゴの植民地で医療活動を行なっていた。
彼女は生きる糧を神の道に見いだしていたのだった。
だが、第二次大戦で、父を戦争によって失った彼女は、次第に教会のあり方と対立を深めていく……


フレッド・ジンネマン監督の、その並々ならない力量に、魅せられてしまう。
重厚でありながら、少しメロウな感じ。
最後までしっかりとした主張も貫かれています。

この映画が、まれに見る深い感銘を与えるのは、ジンネマン監督の、冷静で、透徹した思索に裏打ちされているからだとリトルグローブは思います。

そして、この映画のオードリーは、いちばん素顔に近いオードリーではないでしょうか。
尼僧姿のオードリー・ヘプバーンがとても美しい。

オードリー.jpg

彼女が本来持っている、清らかなイメージと「尼僧」という役柄は、本当にピッタリ合うと思いました。
シスター・ルークという人物像は、オードリー・ヘップバーンという人間の深い内面を、そのままあらわしていると思います。
外見ももちろんですが、演技を通して彼女の美しさには感動しました。





Twitterまとめ投稿 2011/08/30 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/29 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/28 [映画]


昼下りの情事 [映画]

こんにちは!リトルグローブです。

今日もオードリー出演映画をご紹介したいと思います[ひらめき]


昼下りの情事

昼.jpg

ビリー・ワイルダーによる、オシャレなラブ・ロマンス。

あらすじ
私立探偵クロードの娘アリアーネは、父親のファイルから、アメリカの富豪フラナガンの資料を盗み読み、彼に恋をしてしまう。
ある日、フラナガンに逢う機会を得たアリアーネは、恋愛に慣れたプレイガールのフリをして彼に近づくが……。


オードリーを好きになった中学生の時に出演作をほとんど観ました。
その中でもこの作品はオードリーの純粋さや可愛らしさが際立っている映画だと思います。

ビリー・ワイルダーは本当に優れたストーリーテラーだとリトルグローブは思います。
必要最小限の登場人物を、限られた舞台の中で動かし、物語を展開させていく。
その話の進め方が抜群に上手い!

常に観客は物語の真相を知っている、ある意味で優位な立場で物語を見下ろす。
謎解きの快感とは別の、思わず膝を打ってしまうような巧みな構成により、伏線をどんどん回収していく心地よさに浸る幸せ。
後半の畳み掛け具合には、ニヤニヤが止まらない。

常時.jpg

ただ、本作の面白さは物語の展開だけではありません。
やはりキャラクターの魅力があってこそだと思います。
どこか抜けていて、とぼけた魅力をどの人物も発散しています。

特に少女のようなヘプバーンと女たらしのクーパーとの掛け合いは、嫌らしい感じが皆無であり、どこか微笑ましい。
見栄を張り、相手に合わせて自分を大きく見せようとする彼女の姿は、可愛らしくもあり、いじらしくもあります。


大人になった今も初恋の感覚を思い出させてくれる可愛らしい映画として大好きです。

Twitterまとめ投稿 2011/08/27 [映画]


パリの恋人

こんにちは!リトルグローブです。

今日もオードリーの映画をご紹介しましょう!



パリの恋人

パリ.jpg

カメラマンに扮したアステアと、ファッションモデル役のヘプバーンが、パリを舞台に繰り広げるラブ・ストーリー。

華麗なカメラ・ワークのなか、楽しい歌とファッショナブルな踊りが映し出されていく。“ファニー・フェイス”という流行語は、この映画から発生したそうです。


1950年代のミュージカル映画にしては、ロケが多く感激しました。
古き良き時代のパリがとっても美しい・・・。

それに、ケイ・トンプソン、フレッド・アステアの2大俳優に囲まれて、オードリー・ヘップバーンは実に可愛らしい・・・。

そして、衣装についても観るべき箇所が沢山あります。
表面的にはイーディス・へッドが担当したとなっていますが、実際はユベル・ド・ジヴァンシーが賄ったのは有名な話。豪華かつ清楚でとにかくセンスが良い。どの衣装も必見です♪

観て損はしないと思います。オードリーはかわいいし、ドレスもとても素敵だから。特に風船をたくさん持ったシーン。

風船.jpg
可愛すぎます[ぴかぴか(新しい)]


だいたいこの時代の映画は、どのシーンをとっても画になる様なものが多くて、見ていても楽しいのですけれど、
映画の舞台がパリで、目的がファッション雑誌の撮影とショーなので、シーンの一つ一つがすべて画になります。


物語の設定や話の展開も面白くできているので、美しい芸能、芸術を見れて得した気分になれる映画です。




Twitterまとめ投稿 2011/08/26 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/25 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/24 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/23 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/22 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/21 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/20 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/19 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/18 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/17 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/16 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/15 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/14 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/13 [映画]


Twitterまとめ投稿 2011/08/12 [映画]


戦争と平和

こんにちは!リトルグローブです。

今日もオードリーの映画をご紹介しましょう!

世界文学史上、最高傑作と評されたロシアの文豪レオ・トルストイの壮大な大河小説『戦争と平和』の映画化。


戦争と平和

平和.jpg


監督: キング・ヴィダー  1956年

あらすじ
19世紀初頭の帝政ロシア。ナポレオンを崇拝する理想主義者のピエールは、急死した父親の遺産を相続。彼は幼なじみの伯爵令嬢ナターシャに思いを寄せていたが、遺産目当てに近づいてきた令嬢ヘレーネと結婚。負傷して帰還したピエールの親友アンドレイは死産で妻を失い、その後ナターシャと愛し合うようになるが、父親に結婚を反対されてしまい、ナターシャを残して再び戦地に赴く。妻と別れ、自分の過ちを知ったピエールはナポレンの暗殺を試みるのだが・・・。


レフ・トルストイ「戦争と平和」は、1865年~1869年に発表されました。
「アンナ・カレーニナ」(1877年)と並ぶトルストイの代表作です。

映画では、ナポレオンのロシア遠征(1812年6月~12月)を時代背景の核とした群像劇という体裁をとっています。

ナターシャを演じるオードリー・ヘップバーンがとても美しいです。
色々なファッションを見せてくれるのですが、どれも本当にファッショナブルで、それだけで目を楽しませてくれると思います。
彼女のファンとしては見逃す事は出来ない作品ですね。
そこに現れるだけで、他の全てが平凡に見えてしまう彼女の魅力の秘密を、じっくりと味わってもらいたいです。

オードリー.jpg


話の内容ですが、戦争は、失う物だけが多く、何も後には残らない、愚かしいことだとリトルグローブは思いました。
ロシアの冬の厳しさは、特に捕虜の人達が雪深い中を歩き、倒れてゆき、銃殺されるシーンは、何ともいえない気持ちになり、観るに耐えませんでした。
戦争をして何になるというのでしょうか。
本当に意味のないことです。
3時間に及ぶ超大作でしたが、奥深い作品だったと思います。




Twitterまとめ投稿 2011/08/11 [映画]


麗しのオードリー

こんにちは!リトルグローブです。

今日も、オードリー主演のとても有名な作品をご紹介します!


麗しのサブリナ

サブリナ.jpg

監督: ビリー・ワイルダー  1954年


あらすじ
大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナは、一家の次男デヴィッドに失恋し、二年をパリの花嫁学校で送る。しかし、帰ってきた時には見違えるようなシックな令嬢となっており、デヴィッドをドギマギさせる。彼女に夢中な弟を心配した長男のライナスは仕事一筋のマジメ男だが、彼までサブリナの虜となって…


『ローマの休日』では王女を演じていましたが、本作は使用人の娘というかなり低い身分を演じています。
ただ、どの作品も共通の可憐で美しいということに変わりはありません。
本作でもその美貌を如何なく発揮し、次から次に男たちを虜にしていきます。
いつまでも、何度でも観たいくらいにオードリーが美しく可愛いのです。
まさに「麗し」のオードリー!!
彼女がいるだけでその場が輝いているように見えるし、「こぼれるような笑顔」は誰をも虜にさせるような愛らしさと気品に満ちあふれているとリトルグローブは思います。

おーどりー.jpg

この作品は王道ロマンチックラブコメディー。
全体に漂う洒落た雰囲気、ところどころにあるクスッとした笑い。
丁寧に物語は運ばれ、観ていて全く不安感がない。
観終わった後は間違いなくハッピーな気分に浸ることができます[ぴかぴか(新しい)]




Twitterまとめ投稿 2011/08/10 [映画]


名作中の名作 ローマの休日

こんにちは!リトルグローブです。

今日は、オードリー・ヘップバーンの、知らぬものはいないとも言われる名作をご紹介します!


ローマの休日

ろーま.jpg

監督: ウィリアム・ワイラー   1953年

あらすじ
ヨーロッパ最古の王室の王位継承者であるアン王女は、欧州各国を親善旅行で訪れていた。ローマでも公務を無難にこなしていくアン。だが実は、彼女はこれまでのハードスケジュールで疲れやストレスが溜まっていた。主治医に鎮静剤を投与されるものの、気の高ぶりからか逆に目が冴えてしまった彼女は、こっそり夜のローマの街へ繰り出すことに。やがて、薬が効いてくるとベンチで寝入ってしまうアン。そこへ偶然通りかかったアメリカ人の新聞記者ジョーは、彼女を一国の王女であることも知らずに自分のアパートで休ませるのだが…。


あまりに有名すぎる作品ですね。
リトルグローブも、中学生の頃だったかに初めて観ました。

オードリーが美しすぎて、鮮明に記憶に残っている作品です。
オードリーが本当の王女様であってもおかしくないくらい、この役がとても当てはまっていて、すばらしいです。

記者会見場でのヘプバーンの潤んだ瞳。
その視線に愛情と感謝の気持ちが見てとれ、涙せずにはいられません。リトルグローブは何度見ても痺れます。

グレゴリー・ベックの渋さも光ります。
両手をダボダボなズボンのポケットに突っ込んだまま、ゆっくり歩く姿。響き渡る靴音に哀愁が漂います。



ローマの休日が日本で熱烈な支持を受けているのは、オードリーの魅力はもちろんですが、日本人が好む奥ゆかしさがそこにあるからだと思われます。
阿吽の呼吸に、感情を抑えることを美徳とする気風。
相手を気遣う気持ち。
ある種わびさびに通じるものも感じます。

ローマ.jpg

名作と呼ばれる作品には少しわかりにくかったり、すごいけど壮大すぎるとか、意味わからんけど革命的なんだろなーみたいなの、いっぱいあると思うんですが、この作品は良い意味でわかりやすくて、魅力的な作品です。


この先こんなにピュアで美しくって素敵な映画が生まれるのかわからないと思っちゃうくらい、最高の映画です。



Twitterまとめ投稿 2011/08/09 [映画]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。