So-net無料ブログ作成

尼僧物語

こんにちは!リトルグローブです。

今日もオードリー出演映画をご紹介したいと思います[ぴかぴか(新しい)]


尼僧物語

おーどりー.jpg

1959年 フレッド・ジンネマン監督

ヘプバーンが尼僧を演じる、F・ジンネマンによるヒューマン・ドラマ。

あらすじ
ベルギーの尼僧ガブリエラは、コンゴの植民地で医療活動を行なっていた。
彼女は生きる糧を神の道に見いだしていたのだった。
だが、第二次大戦で、父を戦争によって失った彼女は、次第に教会のあり方と対立を深めていく……


フレッド・ジンネマン監督の、その並々ならない力量に、魅せられてしまう。
重厚でありながら、少しメロウな感じ。
最後までしっかりとした主張も貫かれています。

この映画が、まれに見る深い感銘を与えるのは、ジンネマン監督の、冷静で、透徹した思索に裏打ちされているからだとリトルグローブは思います。

そして、この映画のオードリーは、いちばん素顔に近いオードリーではないでしょうか。
尼僧姿のオードリー・ヘプバーンがとても美しい。

オードリー.jpg

彼女が本来持っている、清らかなイメージと「尼僧」という役柄は、本当にピッタリ合うと思いました。
シスター・ルークという人物像は、オードリー・ヘップバーンという人間の深い内面を、そのままあらわしていると思います。
外見ももちろんですが、演技を通して彼女の美しさには感動しました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。